ローンの残債がある場合

マンション売却の豆知識

マンションの売却で失敗しないコツは、相場を知って査定すること。それが成功の近道です!

こんな場合は?

ローンの残債がある場合

image

マンションなどの高額な買い物は、頭金の一部と住宅ローンを組んで購入するのが一般的ですよね。新しい生活が始まると新たな出会いやいろいろな境遇が待っています。

例として挙げてみると、転勤や家族構成の変化で引っ越しを考えることも出てくるかと思います。

そんな時に気になってくるのが住宅ローンの残債ですよね。

基本的なことを書くと、マンションなどの不動産はローンを完済していないと売却できないような仕組みになっています。それが『抵当権』と言われているものです。

ローンの残債があってもマンションは売却できる?

冒頭のお話は「基本的」な部分ということで挙げましたが。はっきり言ってしまうと『売ることができる』場合もあります。

それはどのような場合なのか?順を追って見ていきましょう!

【抵当権】おさらい

抵当権とは、マンションの購入時に対象物件を担保にして住宅ローンの手続きをしますが、その時に金融機関は対象物件に抵当権を設定しています。
万が一、マンション購入者が支払い困難に陥ってしまった場合に抵当権の実行を行うことで、金融機関はその対象物件を不動産競売に懸けて残債の回収を図ることで損失を回避する行ないのことをいいます。

という事は、抵当権を抹消すれば売却ができます。

抵当権の抹消を行うには、ローンの残債を完済してしまえば抹消が完了となります。その方法として挙がる最善の方法は、「マンション売却でローンの残債をすべて賄うこと」です。

普通に考えると当たり前なトコロなのですが。

これが意外と出来なかったりするのが現状です。というのも、買い手の方も安く買いたいと思っているので必ず値切り交渉を入れてきますよね。それに加えて、日本の不動産業界の悪しき風習が問題になっているという点で難しくなっているのです。

>>1⃣ 不動産業界の悪しき風習って?

-こんな場合は?
-, , ,